車の給油口の蓋が開く謎の現象 (アクア)

以前から車(ネッツトヨタ アクア)の閉めている給油口の蓋がいつの間にか空く現象が起きていまして、ネットで調べても似たような事例、情報はまったくなく、
車点検の担当の人にも聞いても前例がないとのことで、わからないので様子見してくださいといわれていました。

給油口が空く確率があがる考えられる条件としては
1.ガソリンスタンドで給油してもらったあとに蓋が開く確率がはねあがる?
(車点検の担当の人いわく、給油口の蓋が固く閉まりにくいのでは?との見解)
2.ガソリンスタンドで給油してくれる新人の子が慣れてないので給油口の蓋が空きやすくなる?

と思って、ガソリンいれてもらったあとは自分でも蓋がちゃんと閉まっているかどうか確認するようにしました。
そうしたら、蓋があく確率が激減しました。

しかし、最近トランクを開けて、閉めただけなのに給油口の蓋が空いていました。ガソリンをいれてもらうために蓋はあけてもらって
いないのに、空いてしまったので、謎の現象になってしまいました。

よくよく考えると、トランクを閉めた時の振動で給油口の蓋が空くのでは??と思いついたので、
今日、車点検の担当の人にその現象を伝えて整備士の人にも調べてもらいました。

結果は、整備士の人が車に振動をあたえて蓋が空くことが再現されたので、蓋があきにくいように調整してもらいました。
整備士の人も前例がなく様子見してくださいとのことでした。

メーカーの人でもわからないことや前例のないことがあるとはびっくりでした。
部品が劣化してるくらいしか思いつかないので、今後蓋があかないことを祈るのみです!
もし似たような境遇の人がいたらこの日記で、少しでも役に立ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です