XENO(ゼノ)とは(カードゲーム)

UNO(ウノ)ではなくXENO(ゼノ)というゲームが密かにはやっているらしいので調べてみました。
知ったきっかけはオリエンタルラジオの中田敦彦さんとメンタリストdaigoさんのXENOを使った対戦のyoutube動画があり、
面白さにひきこまれました。論理や心理や運などが必要で一筋縄では勝てない面白さがありますね。

XENO(ゼノ)・・・「18枚のカードだけを使い、相手の手札を読み合う」カードゲームです。
オリエンタルラジオの中田敦彦氏が名作カードゲーム『ラブレター』を
アレンジしたゲームで、2019年10月に発売しました。

なんと通常版は770円、豪華版は8800円でなんと通常版のほうはamazonおもちゃランキングで1位
になっています。レビューのほうを見てみると、カードのデザインよかったり良い点もありますが、
ルールがわかりずらいとの指摘も、そこは慣れてしまえば大丈夫なのか実際にやってみないとわからない
部分が多いですね。(頭のいい人達との対戦を見るのは面白いですが、子供は理解が難しいきもします)

現段階で売れてはいるので、あとはどれだけ宣伝できるかだと思います。UNO、トランプ、XENOという
のが当たり前な世界になったらすごいですね。


【中田が解説】XENOのプレイ動画を初公開!

【中田敦彦 vs DaiGo】カードゲーム「XENO」論理vs心理の頂上バトル〜前編〜

【XENO】中田敦彦 vs DaiGo完全決着〜後編〜

XENO通常版リンク
テーマソング「XENO」by 寺田有希

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です